多趣味な男の多彩な情報をお届けする雑誌型ブログ

えとまるのプロフィールはこちら

瞑想は引き寄せにも脳や身体にも良い効果がある!簡単なやり方とは?

WRITER
 
瞑想のやり方と効果
この記事を書いている人 - WRITER -
自他共に認める多趣味な男の雑記ではなく雑誌型ブログ。 自称スピリチュアル研究家のえとまるです。引きこもり・ニートだった私がスピリチュアルに出会い人生が変わりました。スピリチュアルな事なら何でも取り入れていくスタイルで運営中です。このブログを読むパワースポットにして行きます。 多趣味な私ですのでディズニーのお得な情報とWGNの情報や面白いと思う事をお届け!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、えとまるです(etomaruch2)。

今回は瞑想について書きたいと思います。

『マインドフルネス』や『瞑想』など1度は耳にした事があるのではないでしょうか。

最近では、Googleなどの企業でも瞑想を取り入れており、様々な書籍も出ている事から皆様にも瞑想が身近に感じているかもしれません。

私は成功者の本をよく読むのですが、成功者と言われる人の中には瞑想を取り入れている方が多くいます。

スティーブ・ジョブスクリント・イーストウッドなど他にも沢山います。

私自身も瞑想を生活の中に取り入れてから人生の流れや引き寄せが加速したと感じています。

今回は瞑想のやり方や効果などを紹介していきますね。

そもそも瞑想とは?

瞑想のする意味や目的

瞑想する意味って何?と思う人がいると思います。

簡単に言えば脳内のフィルターを掃除するという事です。

↑この記事でも書いていますが、人間は1日に6万回の思考を繰り返すと言われています。脳も1日に6万回の情報を処理しているので脳は疲れちゃってます。

しかも脳は人間の身体の中ではとても小さいですが、起きてる時はフルで働いているので身体の20%のカロリーを消費しています。

表2: ヒトの臓器・組織における安静時代謝量[2]
臓器・組織 重量 (kg) エネルギー代謝量 比率 (%)
(kcal/kg/日) (kcal/日)
全身 70.0 24 1700 100
骨格筋 28.0 13 370 22
脂肪組織 15.0 4.5 70 4
肝臓 1.8 200 360 21
1.4 240 340 20
心臓 0.3 440 145 9
腎臓 0.3 440 137 8
その他 23.2 12 277 16

出典:e-ヘルスネット

なので必要な情報不必要な情報で溢れているのです。

この状態を一旦ゼロにしてしまおう。というのが瞑想です。

瞑想中に脳に起こる事

瞑想は脳波と脳内ホルモンに影響を与えています。

幸せホルモンと言われる脳内ホルモンセロトニンβエンドルフィンが分泌されストレスの低減や幸福度を感じるようになります。

脳波ではシータ波と言われる脳波を分泌しリラックス効果などの効果が期待できます。

幸せホルモン・セロトニンの脳での働き

呼吸、循環、消化などの自律機能や、歩行、姿勢、眼球運動を司る神経がある脳幹の「縫線核(ほうせんかく)」という部分にセロトニン神経があり、そこから脳の広範囲にセロトニンを放出しています。感情や記憶を司る大脳辺縁系にセロトニンが伝達されると、不安や恐怖感が抑えられ、精神が落ち着いたり、痛みが和らいだりします。

引用:フミナーズ

セロトニンは『リズム運動』や『ウォーキング』などでも分泌します。

それ以外にも太陽の光を浴びたり、トリプトファンが多く含まれた食材を摂取する事もでも増えていきます。

トリプトファンが多く含まれる食品はたくさんありますが、まぐろの赤身やナッツ類に多く含まれています。

深呼吸でも分泌しますので呼吸を大事にしている瞑想ではセロトニンが分泌しやすいのですね。

βエンドルフィンの働き

エンドルフィンセロトニンと同様に脳内で機能している神経伝達物質です。

エンドルフィンはα(アルファ)・β(ベータ)・γ(ガンマ)と3つに分かれていますが今回はβ(ベータ)エンドルフィンに注目したいと思います。

βエンドルフィンは脳内麻○と言われて本物のモル○ネ6.5倍の働きをします。多幸感を味わえる事からそう言われています。

βエンドルフィンは好きな物を食べている時や軽い運動をした時や後は40度のお風呂に入った時などに分泌されます。ストレスを感じていると逆に分泌されません。

また『活性酸素』と言うものがあり、活性酸素は体内に入った細菌を自然に倒してくれますが、毒性が強く老化の原因の1つとしても有名です。

ですが、βエンドルフィンには『抗酸化機能』があり『活性酸素』を抑える機能があります。βエンドルフィンが多く分泌している人はいつまでも若々しいのです。

それだけではなく、免疫細胞のT細胞とB細胞が増え風邪などの細菌をやっつけてくれます。

また、NK(ナチュラルキラー)細胞も活性化します。NK細胞はがん細胞をやっつけてくれる細胞です。

これらの事が瞑想で得られるのです。

シータ波

脳波は4つに分けられます。

簡単に説明すると下の表のようになります。

β(ベータ)波 起きている状態。ストレスを感じている。
α(アルファ)波 落ち着いている状態。
θ(シータ)波 寝る直前や瞑想状態。
δ(デルタ)波 熟睡状態。

今回はシータ波に注目します。瞑想をすると脳はシータ波の状態になりシータ波になると

  • 記憶力UP
  • ひらめき・直感力のUP
  • ストレスの低減

などの効果が期待できます。瞑想をしている成功者達はシータ波の状態を意図的に作り出しひらめきや直感に従い成功したのかもしれません。

瞑想による様々な効果

瞑想をするといい事ばかりですね。ここで瞑想による様々な効果をまとめてみました。

ストレスの低減

思考が停止しますので、日頃考えている事が”無”になります。リラックス効果がありストレスの低減が期待できます。

集中力UP

瞑想を行う事により思考が停止しますので、いらない情報がなくなり集中したい事に集中できるようになります。

免疫力UP

ストレスの低減の影響で副交感神経が優位になり免疫力のUPが期待できます。幸せホルモンβエンドルフィンの影響でT細胞・B細胞の活性化になり免疫力のがUPします。

睡眠の質の向上

寝る前に瞑想を行うとすでに脳が休まっているので(シータ波)すぐに寝てしまいます。眠れない時は瞑想を行うと寝つきがよくなるかもしれません。

NK(ナチュラルキラー)細胞の活性化

NK細胞の活性化によりがん細胞をやっつけてくれます。

アンチエイジング

抗酸化機能が活性化していつまでも若々しくいられます。

瞑想のやり方を紹介

多くの人がやっている瞑想の方法

世の中には様々な瞑想の方法がありますが、基本的には一緒です。思考を止める事を目的にしています。

これから教える事は私のやり方ですが、私が調べた限りでは多くの人がこのやり方です。

まずは部屋を心地の良い暗さにしましょう。

1、楽な格好で楽な姿勢を保ちます。

あぐらをかいて手は膝の上にでも置いて起きましょう。

ソファに座っても壁にもたれて大丈夫です。

2、目を軽く閉じて、深呼吸を繰り返します。

丹田(おへその下)に空気を送り込むようにゆっくりとした深呼吸です。

3、心の中で数を数えます。

心の中で数を数えます。4秒で吸って4秒止めて4秒吐くなど。

数を数えるのではなくマントラ(意味のない4文字の言葉)を唱える方法もあります。これをマントラ瞑想法といいます。

マントラ瞑想法を応用した方法もあります。それがホ・オポノポノを利用するやり方です。

心の中で『ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛してます』と何度も唱え続け自分の中の自分に語りかけるようにします。この方法では自己愛も高まります。

そして、唱える事に集中して他の事を考えないようにしていく方法です。

言葉を変えても問題ないです。

『イケてる、ツイてる、幸せ、大成功〜』など

自分が気持ち良くなる言葉を選びましょう。

えとまる

 

4、呼吸やマントラなどを唱える事だけに集中して他の事は考えないようにする。

それでも知らないうちに何かを考えてしまいますが、気にする事はありません。

呼吸やマントラに意識を戻しましょう。

以上です。とっても簡単ですね。

瞑想の回数と時間

瞑想は1日2回

朝に起きた時と夜に寝る前にやっている人が多いです。

もし忙しくてできないのであれば、朝か夜に1度だけでもやりましょう。

瞑想の時間は15分から20分

瞑想を実践している方の瞑想の平均時間は15分から20分です。

私も20分やっています。時間がない時は11分やっています。

アラームをかけても問題ないですが、私は最近はアラームはかけずになんとな〜く20分かなぁと思ったところで辞めたりしてます。

だいたい後2分くらい余ってたりします。

えとまる

音楽を使う方法

最近はYouTubeに瞑想用の音楽などがありますので音楽を聞きながら瞑想するのも良いでしょう。私が最近利用してる音楽がこちら

瞑想は危険?

瞑想は危険なのかと聞かれたら、危険ではないと答えます。

ですが、自分の内側に入り込みすぎて『禅病』『魔境』といった症状が出る事があります。

禅病(ぜんびょう)

瞑想中に急に泣き出したり身体が震えたり、頭痛や吐き気を伴う事があります。

これを『禅病』(ぜんびょう)と言います。

なりやすい人

チャネリングしたい、第六感を得たい、第三の目を開きたいなどスピリチュアルにはまっている人ほどなりやすい傾向があります。

瞑想で何か得ようとせずに気分がよくなるからやるという感じにシフトしましょう。

長い瞑想でもなりやすいので、15分から20分くらいにしましょう。

魔境(まきょう)

魔境は瞑想中に悪魔や天使や宇宙人の声が聞こえてくる症状です。

中には『神の声が聞こえた〜私は神の使いだ!』とちょっと危ない方向に行ってしまう方もいるようです。

もし聞こえても気にしない事が一番大事です。

まとめ

瞑想に期待しない

瞑想しているから何か得ようとすと続かないし禅病などの症状がでるかもしれません。

気持ちいいからやる、寝れるからやる、ぐらいの気持ちでやりましょう。

成功者たちがやる理由は思考を止めてシンプルに生きて行くためだと思います。

私が瞑想をする理由は気分をよくするためです。

そして気分が良くなると気分がよくなる事が引き寄せられます。

引き寄せを加速させる事ができるのです。

今日からでもやってみてください。最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
自他共に認める多趣味な男の雑記ではなく雑誌型ブログ。 自称スピリチュアル研究家のえとまるです。引きこもり・ニートだった私がスピリチュアルに出会い人生が変わりました。スピリチュアルな事なら何でも取り入れていくスタイルで運営中です。このブログを読むパワースポットにして行きます。 多趣味な私ですのでディズニーのお得な情報とWGNの情報や面白いと思う事をお届け!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© えとまる.com , 2018 All Rights Reserved.